皮下組織吸引法とは(効果・傷跡・再発・費用・保険適用)

ワキガ治療を行う際に、できれば傷跡が残らず、時間も短時間で終了したいと思うことはありませんか?

もちろん医師の診察の元行う、れっきとした治療ですので、かなりのスピードで終了をすることは難しいですが(むしろ早すぎても怖いですよね)、今までの治療法の中では、比較的短時間で、そして傷跡も目立ちにくい治療法があるのです。

今回は、ワキガ治療を考えている人は試してみたくなる「皮下組織吸収法」についてご紹介をします。

皮下組織吸引法の手術方法

「皮下組織吸引法」は、近年、美容外科を中心に行われているワキガの治療法です。名前の通り、ワキの下を小さく切開して、カニューレと呼ばれる機器を用いてアポクリン汗腺を掻きだしながら吸引していく治療方法です。

ダイエットの「脂肪吸引」と同じような方法…とお伝えすると分かりやすいでしょう。

この脂肪吸引と要領は同じで、小さく開けた穴に管を入れて、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を取り出していきます。切開をする部位は、非常に小さな穴をあけるだけで済むので、術後の経過も通常の外科での手術に比べると軽いため、時間がない方や傷跡を少しでも残したくない人から支持を得ています。

痛みが全くないわけではありませんが、手術中は麻酔をして行うのと術後も傷口が小さいので、他の手術に比べたら痛みが少なく済むのが特徴です。

皮下組織吸引法のメリット

傷跡がほとんど残らない

脂肪吸引の治療に慣れている美容外科で行う手術ですので、術後の美しさは通常の外科治療とは大きな差があります。美しさを追求する治療に特化した美容外科が行う手術ですので、術後の傷跡は非常に目立ちにくいです。

またワキの下にカニューレを入れる際に切開はしますが、その大きさはわずか数ミリ程度の傷ですので、術後の傷跡が気にならないだけでなく手術中から身体への負担が少なくて済むのもポイントです。

男性女性関係なく、身体に大きな傷跡があるのは、精神的につらいですよね。手術によっては、毛根まで取り除いてしまうものもあるので、男性にとっては、まったくムダ毛が生えてこなくなり、術後恥ずかしい思いをする人も少なくありません。

術後にワキガが解消されても、傷跡により気持ちがふさぎこんでしまったらもったいないです。美しくなるのに身体に大きな負担がかかっていては元も子もありません。

そういった意味では、傷跡も残らず身体に負担も少なくて済むこの方法は、ワキガ治療の優秀選手といえるでしょう。

施術時間が短い

治療を行う際に気になるのが、施術時間ですよね。どんなに良い治療でも、その後の予定があるのに入院を強いられてしまったり、術後思うように身体を動かせないとなっては、行うのをためらいますよね。

皮下組織吸引法は、わずか30分の治療で、すべての工程が終了するといわれています。これはワキガの手術の中では、かなり短い時間で行われている手術です。

通常ですとおよそ1時間半からの時間を使い、長いものですと手術を全身麻酔で行って、その後2~3週間ほどの入院も必要になるワキガ治療ですが、皮下組織吸引法でしたら、30分で終了するので、その後の予定が忙しくても簡単に治療ができるのがうれしいですね。

簡単に終了をするからといって術後すぐに通常通りの動きができるかと言ったら、そういうわけではありません。身体に傷をつけて行う治療ですので、無理はしないで、いつもよりかは動きを小さくして、後々の身体のことも考えて、安静にすることも忘れないでください。

ダウンタイムが短い

何よりうれしいのが、術後のダウンタイムが短い点です。通常のワキガ治療は、術後に何度か通院をしたり、患部を長時間圧迫し続けたり…と、身体だけでなく生活にも影響を及ぼすことが多いです。

しかし皮下組織吸引法は、手術中も手術後も痛みがなく(個人差はあります)、治療が終わってからも鎮痛剤を処方してもらえば、傷口が小さいこともあり、いつも通りに動くことができるのも特徴です。

もちろん全く通院が必要ないというわけではありませんが、通常の手術よりかは術後の圧迫も少なくて済むので、術後に早く普段通りの生活が送りたい人にはピッタリの治療法です。

忙しくてなかなか治療に専念をする時間がないと悩んでいる人でも、短時間で、そして術後のダウンタイムもあまりなく治療ができるのは、大きなメリットですね。

皮下組織吸引法のデメリット

アポクリン腺を完全に吸引しきれない

通常のワキガ治療は、ワキを大きく切開をして、医師の目視の元ワキガの原因となるアポクリン汗腺を取り出します。これらの方法は、術後の身体への負担は大きいですが、効果は高いです。

しかし、皮下組織吸引法は、ワキの下に空けた小さな穴に機器を入れて掻きだす治療方法ですので、アポクリン汗腺を目視して取り出す他の治療方法に比べたら、すべてを完全に吸収をしきれないことがあります。そのため、術後も完全にワキガのニオイを解消することはできません。

治療前と比べたら、アポクリン汗腺をいくらかは取り出すことができている分ニオイは減少しますが、時間と共にニオイが復活をしてしまうことが多く、完治をすることは難しいです。

この皮下組織吸引法で、ワキガを完治させようと考えるのではく、あくまでも「今の状態よりかはニオイを軽減させるための治療」と考えて、術後の効果に大きな期待はしないようにしましょう。

再発率が高い

上記の通り、目視での治療出ないことから、アポクリン汗腺を完全に取り除くことができていないため、時間と共に再発をする可能性があります。再発率は30~40%と決して低くない数字ですので、このことを念頭に置いて治療に臨むようにしましょう。

軽度のワキガの人であれば、一度の治療である程度ニオイが軽減されますが、重度の場合は、一度治療を行ったくらいでは改善がされません。そして軽度の場合でも時間が経つとニオイが出てくることがあります。

もし本格的にニオイを消したい!と考えているのであれば、皮下組織吸引法ではなく、他の治療法がないか医師と相談の上、治療を開始するようにしてください。

ほとんどの病院やクリニックで保険適用外のため高額

前述の通り、美しくなることに特化をした治療を行う美容外科の場合、多くの治療が保険適用外です。そのため、病院によって差はありますが、平均して15~20万円程度の費用が必要となります。

皮下組織吸引法は、再発率が30~40%といわれているので、二回三回と治療を繰り返していけば、その度に費用はかさむため、決して安い金額の手術ではありません。

もし本気で皮下組織吸引法を考えているのであれば、医師とよく相談をして、持続性のない再発の可能性がある治療ということを理解した上で手術を行うようにしてください。

皮下組織吸引法は手軽だけどデメリットもあった

これはワキガ治療にかかわらず、すべての手術でいえることですが、手術中は麻酔のおかげで痛みを感じないものの、術後の痛みが激しくて、心が折れてしまうことってありますよね。

この皮下組織吸引法は、手術中も術後も、痛みがあまりない手術のため、かなりの手軽さはありますが、その分効果が持続しないといったデメリットもあります。

軽度のワキガであれば、効果を発揮するかもしれませんが、重度の場合は、後悔が内容に別の治療法がないか医師と相談をしてから進めるようにしましょう。

ページの先頭へ