PMR法とは(傷跡・再発・色素沈着・保険)

最近は、多くのワキガ治療法が登場をしていますが、治療を考えているほとんどの人が望んでいることは、術後の傷跡が目立ちにくく、そしてダウンタイムや手術時間が短いという点ではないでしょうか。

手術中の時間がたとえ短くても、術後の固定をしている期間が長くては、普段通りの生活の戻るまでに時間がかかってしまうので、意味がありませんよね。

今回は、手術の時間も短く、そしてダウンタイムも短い、しかも傷跡が目立たない!という一石三鳥なPMR法というワキガ治療法をご紹介します。

PMR法の手術方法

PMR法は、ワキガ手術の第一人者と、東京女子医科大学の研究グループが共同で開発した方法です。従来のワキガ治療で使われていた専用機器(SCカニューレ)を改良し、より小さな切開でより高い効果を実感できるよう考えられた最新のワキガ治療法です。

ワキガの原因となるアポクリン汗腺を取り除くのはもちろん、周辺にある皮脂腺や多汗症の原因となるエクリン汗腺を同時に取り除くので、ワキガの原因を根本から断ち切ることができます。

切開箇所が非常に小さいため、身体へかかる負担が最小限に抑えられ、麻酔も局所麻酔で済むため、手術当日でも激しい動きでなければいつも通りに生活ができます。もちろん入院も必要ありません。

特に今までの目視で行わない手術は、目で見えない分、手術中に他の皮下組織も傷つけてしまうことがありましたが、改良された最新の機器を使用しているので、取り除きたい汗腺以外の組織に傷をつけずに治療ができます。

またSCカニューレは、皮膚への負担を最小限に抑えられるので、大量に出血をすることなく、ニオイの元となる組織をしっかりと取り除けます。

PMR法のメリット

傷跡があまり目立たない

PMR法の最大の魅力は、切開箇所が小さいため、術後に傷跡が目立たないという点です。通常の大がかりな手術の場合、数センチほどの切開が必要となってきますが、PMR法は、わずか4~5ミリ程度の切開で手術が可能なので、手術中も手術後も身体への負担が少なくて済むのがメリットです。

ワキのシワに沿って切開を行うので、非常に自然な仕上がりになるため、術後の美しさを期待する女性からも人気を得ています。

せっかくワキガが治っても、見た目が美しくなければ意味がありませんよね。PMR法は、ワキガの完治にのみ特化した治療ではなく、術後の患者さんの精神面にも配慮した治療法といえるでしょう。

また切開が少ないので、全身麻酔を使った大手術にもならず、局所麻酔で機器を挿入するために切開をするだけなので、術後の身体の戻りも早いです。そのため早く普段通りの生活が送りたい方や、忙しくて術後のケアをマメに行えない人にはピッタリです。

術後のダウンタイムが短い

前述の通り、切開箇所が4~5ミリ程度と小さいので、術後の身体の戻りの早さは、他の手術と比べるととても速いです。そして手術当日は、切開箇所の局所麻酔のみで行えるほど身体に負担がかからない手術ですので、術後のダウンタイムの短さが特徴です。局所麻酔なので、入院の必要もありません。

もちろん身体への負担が少ないからといって、術後すぐに激しい運動をしたりワキに負担がかかる作業をするのはNGですが、手術から10~14日を経過すれば、入浴もスポーツもOKです。

術後に面倒なことの一つとして、何回も通院を必要とする治療が挙げられますが、PMR法は平均して3回程度の通院で完了をするので、長期間の通院に時間を使えない人でも安心して治療が行えます。

術後は、切開を行った箇所が硬くなってしまうこともありますが、これは一時的なものなので、3~4か月ほどしたら、自然に手術前の状態に戻るので、不安になることはありません。ワキが硬くなっている状態でも、通常通りの生活が送れるので、心配しなくても大丈夫ですよ。

PMR法のデメリット

目視でアポクリン腺を取り除くわけではないので、ワキガが再発する可能性がある

PMR法は、切除法や剪除法とは違い、目視で行わない手術です。進かと改良をされた専用機器を使ってアポクリン汗腺を取り除きますが、目視で行わないので、微量ではありますが取り残しができてしまうこともあります。

アポクリン汗腺は、ワキの下の広い範囲に根っこを生やして生きている組織です。そのため、完全に取り除くことができなければ、再発の可能性が高くなってしまいます。

ワキガの程度にもよりますが、もし心配なのであれば、安心して手術を任せられる、実績と経験のあるベテラン医師にお願いをして治療を行ってもらうのが、完治への近道です。

ワキガ治療は、医師の経験値によって術後の効果の出方に大きく影響を及ぼします。年間数件しかワキガ治療を行っていない医師と、何軒も治療を行っている医師とでは、大きな差があります。

安いからといって安易に病院を決めてしまうのではなく、インターネットの口コミなどを見て、じっくりと下調べをしてから、信頼のおける医師が在籍している病院で治療をしてもらいましょう。

傷跡が色素沈着を起こす可能性がある

PMR法で手術を行った場合、ワキの下の裏側をそぎ落と品が皮下組織を取り出すため、内出血を起こします。そのため術後からしばらくは、赤黒い色や赤紫といったようにワキが変色をしてしまいます。

この変色は、大体が時間と共に薄らいでいきますが、前述の通り経験のない医師による治療ですと、まれに色素沈着を起こし、変色をしたままの状態になってしまうことがあります。

加えて、PMR法は皮膚が一時的に固くなるので、適切なケアを怠ってしまうと、そのまま変色が治らない可能性もあるので、注意が必要です。

一度色素沈着を起こしてしまうと、なかなか簡単には元に戻すことはできません。もし術後に様子がおかしいな…と少しでも感じた場合は、急いで医療機関を受診し、専門家による適切な処置を受けるようにしましょう。

保険適用外のため、手術費用が高額

PMR法は、健康保険が適用されない自費治療の手術です。そのため、通常の外科の手術と比べると、比喩が高くなってしまうのが現実です。各医療機関によって価格に差はありますが、平均的にみると両ワキで25万~30万円前後のところが多いです。

しかし前述もしましたが、安いからといって病院を簡単に決めてしまうのはNGです。PMR法は、目視で行う手術ではないので、医師の経験が絶対的に必要な手術です。

もしお金を払って手術をしても、経験の少ない医師による治療ですと、術後に再発をする可能性が高まります。再発をした場合は、もう一度手術をしなくては元には戻らないので、その度に高額な金額を支払うことになってしまいます。

結果的にスタートの金額が安くても、トータルコストはかなり高くなってしまいます。ですので、金額が少し高めでも、実績があり、年間の手術件数も多くこなしているベテラン医師にお願いをするようにしましょう。

PMR法は大学病院も認める最新の治療法

わがままな要求ではありますが、手術中も術後も、身体の負担が少なく、仕上がりは美しいのが一番うれしいですよね。ワキガが治ったのに、ワキの傷跡が気になって、思いっきり手を上げることができない…なんて新たな悩みが生まれてしまっては意味がありません。

保険が適用されないので、料金は高額ですが、本当に美しく、そして完治させたいと考えているのであれば、PMR法での治療をオススメします。

ページの先頭へ