クアドラカット法とは(傷跡・効果・保険適用・再発)

時間がなくてワキガ治療に挑戦ができない…術後のダウンタイムが心配であと一歩が踏み出せない…といったように、ワキガ治療に取り掛かりたくてもスタートができない人もいるのではないでしょうか。 そんな悩みを抱えている人にオススメしたいのが、クアドラカット法です。

このクアドラカット法は、従来のワキガ治療のように長いダウンタイムや入院といった心配のない、最新のワキガ治療法です。近年では、術後のリスクが低いなどといった点から、この手術方法が多くの人から支持を得ています。

今回は、今話題のクアドラカット法の細かいご紹介をします。

クアドラカット法の手術方法

クアドラカット法とは、小さく切開したワキに、専用に機器(先端が電気カミソリのような形状をした機器)を使って、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を取り除く手術方法です。同時にエクリン汗腺も取り出すことが可能ですので、ワキガと多汗症の両方が一度で解消することができます。

正確に言いますと、「取り出す」というよりかは、どちらかといえば「削って吸引」をするに近い手術方法です。ワキガの原因や多汗症の原因になる汗腺を吸引し、同時に皮下脂肪も取り除くので、術後の再発率が低いのも特徴です。

今までの大がかりな手術(剪除法や切除法)に比べると、10分の1以下の切開で済むので、身体への負担が少なく普段通りの生活に比較的早く戻れるのも特徴です。

クアドラカット法のメリット

傷跡があまり目立たない

クアドラカットの最大の魅力は、切開箇所が小さいため、術後に傷跡が目立たないという点です。通常の大がかりなワキガ治療は、切開範囲が広範囲に及ぶため、どうしても術後に傷跡が残ったり、皮膚がつれている感覚になり、デメリットが多かったのですが、クアドラカット法は、わずか4~5ミリの切開で済むので、傷跡が残りません。

切開が少ないので、全身麻酔を使った大手術にもならず、局所麻酔で機器を挿入するために切開をするだけなので、術後の身体の戻りも早いです。

術後のダウンタイムが短い

前述の通り、切開箇所が数ミリ程度と小さく、そして局所麻酔で行えるほど身体に負担がかからない手術ですので、ダウンタイムの短さが特徴です。

もちろん手術後数日は、激しい運動や重い荷物の上げ下ろしなど、ワキや傷口に負担がかかることは避けて安静にしているのが無難ではありますが、大きく切開をする手術に比べたら身体の戻りは早いです。

手術時間も、両ワキでトータル約1時間程度で完了するのが特徴ですので、手術のために長い時間を摂ることができない人にはピッタリです。

術後は、傷口を固定しないといけないので、3日~1週間程度のダウンタイムを要しますが、傷口が小さいので、入院の必要もなく、通院回数も剪除法や切除法に比べたら少ないので、時間がない人でも受けられる手術です。

毛根も取り除くため、脱毛効果がある

クアドラカット法は、アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺を取り除く際に、同時に周辺にある毛根も取り出すことができるので、女性ならうれしいムダ毛の脱毛効果があります。

気になるのはムダ毛が全く生えてこないことが恥ずかしい男性ですが、カウンセリング時に医師としっかりコミュニケーションを取り、毛根まで取り出してほしくない旨を伝えるようにしましょう。

ワキガ治療もできて、多汗症も改善され、しかもムダ毛が生えてこなくなるのは、女性にとってはとてもうれしいことですね。

クアドラカット法のデメリット

目視でアポクリン腺を取り除くわけではないので、取り残す可能性がある

クアドラカット法は、切除法や剪除法とは違い、目視で行わない手術です。専用の機器を挿入してワキの裏側にあるワキガの元を取り出す方法ですが、目視でないため取り残しが起こるのも事実です。

アポクリン汗腺は、根っこをしっかりと取り出さないと、人間の自然治癒力により再生してしまいます。そのため、完全に取り除くことができなければ、再発の可能性が高くなってしまいます。

ワキガの程度にもよりますが、重症なワキガでない限り、完治する見込みが高い手術ではありますが、もし心配なようであれば、実績や手術件数を多くこなしているベテランの医師にお願いをするのが良いでしょう。

見えない部分の手術になりますので、クアドラカット法は医師の経験値によって術後の効果の高さが左右されます。安いからといって安易に病院を決めてしまうのではなく、じっくりと下調べをして、信頼のおける医師が在籍している病院で治療をしてもらいましょう。

傷跡が色素沈着を起こす可能性がある

クアドラカット法で手術を行った場合、内出血を起こすので、術後からしばらくは、赤黒い色や赤紫といったようにワキが変色をします。この内出血は、時間とともに元通りになるのですが、手術の上手下手で術後の経過が悪くなり、変色が治らないこともあります。

変色をしたまま、正しいケアや処置ができていないと、肌が硬くなって色素沈着の原因となってしまいます。

色素沈着を起こしてしまうと、なかなか元に戻すことはできません。もし術後に様子がおかしいな…と少しでも感じたのであれば、急いで医療機関を受診し、適切な処置を受けるようにしましょう。

保険適用外のため、手術費用が高額

クアドラカット法は、健康保険が適用されない自費治療の手術です。そのため、通常の手術に比べると、料金がかなり高額になってしまうのがマイナスポイントです。

各医療機関によって価格に差はありますが、平均的にみると両ワキで25万~40万円前後のところが多いです。

しかし上記の通り、安いからといって病院を簡単に決めてしまうのはNGです。

クアドラカット法は、目視で行う手術ではないので、医師の経験が完治への近道です。もしお金を払って治療を受けても、経験の少ない医師による治療のため、術後に再発をしてしまったら、再度手術を受けなくてはなりません。

その度に高額な金額を支払っていては、トータルコストはかなり高くなってしまいます。ですので、金額が少し高めでも、実績があり、年間の手術件数も多くこなしているベテラン医師にお願いをするようにしましょう。

クアドラカット法はワキガの最新治療法

最近はさまざまな種類のワキガ治療が存在しますが、クアドラカット法は一番最新の治療法といえるでしょう。

今までのワキガ治療は、剪除法や切除法のように大がかりな手術ではあるけど、ワキガが完治するものと、切開箇所を小さくして皮下組織を専用機器で取り出し、身体に負担は少ないけど再発率の高い方法の二択でした。

しかしクアドラカット法は、傷口は小さく、そして個人差はあるものの、ニオイを最大限抑えることに成功した方法です。もちろん目視で行う手術ではないので、100%完治するとは言い切れませんが、今までの手術方法と比べたら、再発率は低く、安心して行える手術といえるでしょう。

手術時間やダウンタイムも短くて済むので、時間がなくてワキガ治療を諦めていた人でも挑戦できるのがうれしい点ですね。ワキガと多汗症の両方にお悩みの方は、同時に悩みを解決できるので、しっかりと下調べをしてから医療機関に相談に行ってみましょう。

ページの先頭へ