主なワキガ手術の料金相場(保険適用・その他に必要な料金)

ワキガ手術って、一体いくらくらいかかるんだろう…。いざカウンセリングを受けてみても、高額な料金を提示されたらと思うと、怖くてなかなか足が向きませんよね。

ワキガ手術の料金は、方法によってさまざまです。料金の相場を知って、自分に合った手術法を一緒に考えてみましょう。

各ワキガ手術の料金相場

まずは、各ワキガ手術の料金の相場についてご案内します。

剪除法

まず、現在最も一般的でかつ古くから行われている手術法が、『剪除法(せんじょほう)』です。皮膚を3~4センチ切開し、裏返すことで直接医師が目で確認しながらワキガの原因となる汗を出すアポクリン腺をハサミで切除していきます。

剪除法の金額は20万円~40万円程度です。もちろん分割も可能です。少し高いな…という場合には、剪除法であれば保険の適用も可能です。保険適用で手術を行った場合には片ワキ2万円程度、両ワキで3~5万円程度、通院費を含めても6万円程度で治療可能です。

切除法

『切除法』というのは、剪除法と違ってアポクリン腺のあるワキの皮膚をすべて取り除いてしまう方法になります。昔は主流だった手術法ですが、患者さんへの負担が大きい為現在では切除法を行うケースは大分少なくなってきました。

料金は両ワキで30万円程度のところが多いようです。なお、切除法も保険適用が可能な治療ではありますが。上でもお伝えした通り最近では行っているクリニックは少なくなってきています。

皮下組織掻爬法

続いては、『皮下組織?爬(そうは)法』です。ワキに小さな穴を開け、キューレットと呼ばれるスプーンのような器具を使って皮下のアポクリン腺をかき出します。

料金は20~30万円程度です。保険の適用はありません。傷口が小さくて済むというメリットがありますが、目視をせずにかき出すため汗腺以外の皮下組織を傷つける恐れもあることから、技術に自信のあるクリニック以外ではあまり選択されていない手術法です。

皮下組織吸引法

『皮下組織吸引法』は、同じくワキに小さな穴を開けて、カニューレと呼ばれるパイプ状の器具を挿入し、アポクリン腺を吸い出す手術法です。

料金は15~30万円ほど、こちらもほとんどは自由診療で行われているようです。傷口が小さくて済み、皮下組織?爬法に比べてまわりの組織を傷つけるおそれも少ないことがメリットです。ただし目で確認せずに機械任せで吸引しますので、どうしても取り残しや再発のリスクは高くなります。

皮下組織削除法

『皮下組織削除法』は、別名イナバ式とも呼ばれる方法です。片側にローラー、片側にカミソリがついた特殊な器具を使用し、皮下にカミソリ、皮膚の上にローラーを当てて、はさんで汗腺を削り取っていきます。 金額は20~30万円程度、自由診療です。

切開跡が小さく、また皮下の組織を1ミリ程度までしっかりと削り取る為、再発のリスクも少ないのがメリットです。ただし皮膚がとても薄くなるため、きちんとアフターケアをしていないと色素沈着などの後遺症が残りやすくなります。

クアドラカット法

『クアドラカット法』も、傷跡が目立たないオススメの手術法です。ドライバーのような形の特殊なカッターを皮膚の中に差し込んで、汗腺を切除していきます。料金は両ワキで20~30万円程度、自由診療で受ける手術です。

クアドラカット法に使われるカッターはとても小さいので、細かい所の汗腺も綺麗に取り除くことが出来ます。目視で処置をする剪除法に比べれば再発のリスクはありますが、手術跡の小さいものの中ではしっかりと取れる手術法のようです。

その他の主なワキガ治療の料金相場

また、切開を伴わないそのほかのワキガの治療費についても見てみましょう。これらの治療法は切開を行う手術に比べるとアポクリン腺そのものは残るので再発のリスクが高まりますが、跡が残らないのがメリットです。

ボトックス注射

まずは、『ボトックス注射』です。ボトックスとは、ボツリヌス菌を生成して作られたたんぱく質を利用した注射の事で、ワキガの臭いの元となる汗の分泌を抑えることができます。1回3~7万円で、半年~1年おきに繰り返す必要があります。

ボトックスには汗止めの効果がありますので、ワキガの臭いと同時に汗の量にも悩んでいるという方にはオススメの治療法です。

電気凝固法

『電気凝固法』は、別名絶縁針脱毛法とも呼ばれます。毛穴のひとつひとつに針を差し込み、電流を流すことによって毛の根元の毛乳頭を破壊します。脱毛と同時にワキガの臭いも軽減されるため、軽度のワキガを解消したい・ワキガの治療と同時に永久脱毛を行いたいという方にはオススメの方法です。

治療は1回1万円程度、これを1ヶ月おきに10~15回繰り返します。

ミラドライ

『ミラドライ』も切らずに行える治療法です。ワキの肌の上から針のついた器具を当て、マイクロ波を照射することによって汗腺を破壊します。ミラドライのマイクロ波は汗腺にしか反応しない為、ほかの皮下組織を傷つける心配もありません。

料金は30~50万程度、1~2回繰り返して行います。

手術以外に必要な費用を確認しよう

また、必要な費用は手術の料金だけではありません。手術を決めるまでのカウンセリング料金や、術後のアフターケアにかかる料金など、トータルすると無視できない金額になりますのでしっかりと把握しておきましょう。

初診料、手術後の再診料、処置料、薬代などが必要

ワキガの手術を受けるときには、手術以外には主に初診料・手術後の再診料・処置料・薬代などが必要です。

初診料というのは、事前にワキガかどうかをチェックしていただいて、保険適用の有無や手術方法などを決める診察でかかる料金です。クリニックではカウンセリングとも呼ばれています。初診時にかかる料金は保険適用で1000円前後、自由診療のカウンセリングでは無料のところから3000~4000円かかるところまで様々です。

次にかかるのは処置料です。これは、ワキガの手術を終えたあとに固定の為に必要なガーゼ代などが含まれます。また、術後の経過を観察していて傷の治りが悪い時には、ガーゼ交換などでその都度かかってくるでしょう。保険適用で手術を受けた場合にも、ガーゼ代などは実費での負担となります。

お薬代も必要です。痛み止めや化膿止めなど、手術内容に応じたお薬が処方されます。自由診療の場合はお薬代も実費です。その後、経過観察のための通院が数週間~1ヶ月後くらいまでの間に2~3回必要なケースが多いです。通院のたびに再診料がかかります。

処置料・お薬代・再診料が手術の見積もりに含まれているクリニックも多くありますし、別途まとめて2~3万円の費用を提示しているクリニックもあります。ホームページを見ると詳しく書かれているところが多いので、事前にチェックしておくと安心です。

交通費を負担してくれる病院やクリニックもある

また、中には交通費を負担してくれる病院やクリニックもあります。ワキガ手術を受けたいけれど、近くの病院だけでは行き先が限られてしまいますよね。でも交通費を負担してくれることで遠方からでも通える場合もあります。

「有名なクリニックで診てもらいたいけれど、田舎だから…」と諦めないで、まずは調べてみるといいですよ。

よくある質問

最後に、ワキガ手術の料金のお話をするなかで、よくいただくご質問について掲載しておきます。

大人と子供でワキガ手術の料金は変わるの?

大人と子どもでワキガ手術の料金は変わるのでしょうか?クリニックのホームページを見ていても、大人の料金しか載っていないので「子供もこの料金なのかしら…」と疑問に思いますよね。

基本的に、大人と子どもでワキガ手術の料金が変わるという事はないようです。手術内容が同じなら、金額も同じだけかかってきます。

子どものワキガ治療の場合は、お子様が少しでも安心して通えるように子どもの対応に慣れたスタッフや看護師さんがいるクリニックや、明るく清潔感のあるクリニックを選び、子どもの心理的負担を少しでもなくすという視点で選ばれると良いでしょう。手術を受けるのは、大人も子どももやっぱりちょっと不安ですものね。

まとめ

上記の内容をまとめると、相場として保険適用の場合は診療費含めて5~7万円、自由診療の場合は30~40万円予算があれば、どんな手術方法でも対応できるようです。

こうして比べてみると保険診療の方がオトクな気がしますが、保険診療の手術内容が必ずしもすべての方に合っているとは限りません。複数のクリニックでカウンセリングを受けてみて、自分に合った手術方法を見つけていくことが何よりも大切です。

ページの先頭へ