皮下組織削除法とは(効果・傷跡・再発・費用・保険適用)

ワキのニオイだけでなく、多汗症にもお悩みの方はいませんか?汗をかくことで、余計にニオイがきつくなるので、せっかくワキガ治療を行うなら、多汗症の改善も同時に行いたいですよね。

しかし大がかりな手術をしなくては、二つの悩みを同時に解決できない気もしますよね。さまざまなワキガ治療法は存在しますが、今回ご紹介する「皮下組織削除法」は、ワキガと多汗症をダブルで改善できる画期的な治療方法です。

気になる悩みを一度で解決できる皮下組織削除法について今回は細かくご説明をします。

皮下組織削除法の手術方法

皮下組織削除法とは、身体への負担が少ないワキガ治療として、近年多くの病院で行われているワキガ手術です。手術方法は、「キューレット」と呼ばれる専用の機器を使い、ワキの汗腺を取り除きます。

キューレットは、特殊なローラーを付けたスプーンのような形をしているハサミで、皮膚の内部を均等に掻きだすことができます。

ワキガの原因であるアポクリン汗腺はもちろん、多汗症の原因となるエクリン汗腺も同時に掻きだすことができるので、一度の治療で、ワキガと多汗症の改善ができるのです。

ワキの下に2~4センチの切り込みを入れて、その切り込みから汗腺を取り出す仕組みです。切開部分が2~4センチと非常に小さいため、他のワキガ手術と比べると、身体への負担が少ないのはもちろんですが、術後の傷口の目立ちにくさも群を抜いています。

手術をして結果としてワキガや多汗症が改善をされても、大きな傷跡が残ってしまっては意味がありません。男女差はないかもしれませんが、特に女性でしたら、傷跡があるのは気になりますよね。

スッキリと美しくなったら、自信をもって生活を送りたいものです。皮下組織削除法は、そんな私たちの気持ちにも考慮をしたし手術法といえるでしょう。

皮下組織削除法のメリット

アポクリン腺とエクリン腺を取り除き、ワキガと多汗症に効果がある

前述の通り、ワキガの原因であるアポクリン汗腺と、多汗症の原因であるエクリン汗腺を同時に取り出すことができるので、ワキガと多汗症に効果が期待できます。

今までのワキガ治療(切除法や剪除法)で、ワキガと多汗症を同時に解消しようとしますと、入院も必要でダウンタイムもかなり長い大がかりな手術となりましたが、皮下組織削除法は、小さな切開のみで両方を解決できる最新の治療法です。

アポクリン汗腺とエクリン汗腺を完全に取り除くことができれば、再発の心配はありません。同じように切開の大きさが小さくて済む皮下組織吸引法は、身体への負担が少なくても再発の可能性が高い治療法ですので、同じような治療法でも皮下組織削除法の方が最先端ということが分かりますね。

また同時に皮下にある毛根も一緒に取り除くことができるので、女性であればムダ毛の処理の心配が手術前よりも格段に減少をします。男性の場合は、ムダ毛が一本もないのは逆にデメリットに感じるかもしれませんが、その場合は削る深さを調整してもらうことが可能ですので、治療の際は一度医師と相談をしてみてください。

術後の傷跡はほとんど目立たない

切開を行う際も、2~4センチの小さな切開で手術をおこなうことが可能なため、術後の傷口はほとんど目立ちません。術後の処理で、無理に皮膚を縫い合わせたりする手術ではないので、ワキに違和感を感じることなく日常生活を送ることが可能です。

皮下組織を均等に取り除くので、術後も自然なワキの美しさをキープすることができます。

皮下組織削除法のデメリット

広い範囲で皮膚が変色する可能性がある

皮下組織を限界まで削り取る治療法ですので、ご想像の通りワキの皮膚は薄くなります。そして術後からしばらくは、患部周辺の皮膚が黒く変色をしてしまいます。これは時間とともに解決ができるのですが、術後の経過が思わしくないと変色をしたままの状態になってしまうこともあります。

色素沈着をしたまま皮膚が硬くなると、その後元の色に戻すことは不可能です。術後は患部に負担がかからないように、極力動きを少なくして、できる限り安静にするよう心がけましょう。

保険適用外のため手術費用が高額

皮下組織削除法は、健康保険の適用がされない手術方法です。通常の外科治療とは違い、術後の見た目の美しさにも特化をしている治療ですので、どちらかといえば美容外科寄りの手術になるためです。

金額は各医療機関によって差がありますので、はっきりとした金額をご紹介はできませんが、多くの医療機関が大体25~30万円前後で手術を行っています。かなり高額な手術費となりますので、治療に取り掛かるまでに勇気も必要ですし、時間もかかりますよね。

もし皮下組織削除法でワキガ治療を行うと決めたら、安心と安全のためにも、病院の口コミや評判をしっかりと下調べしてから開始をするようにしましょう。

皮下組織削除法は、ベテランの医師が行うのと新人医師が行うのとでは、術後の再発率に大きな差があります。少し費用が高額でも、後々のことを考えたら、手術の件数や実績が多く、スキルの高いベテラン医師にお願いするのが、ベストといえるでしょう。

術後の回復に時間がかかる

剪除法や切除法と比べると、明らかにダウンタイムは短いのが特徴です。しかし小さいとはいえ切開をしているので、どうしてもダウンタイムが必要となります。長期間の入院は必要ないにしろ、中には日帰り治療を行っていない病院もあるので、時間がない中で治療を行おうと考えている人は、注意が必要です。

皮下組織削除法は、最低でも3日間は安静が必要です。この安静が終わってからも約1週間は傷口を固定していなくてはならないので、大きな動きやスポーツなどは絶対にNGです。

手術前の普段通りの生活に戻るには、約2週間程度の時間が必要となりますので、この間は、激しい動きをするスポーツやレジャーなどの予定を入れないようにしてください。

術後にしっかりと安静にできていないと、傷口に負担がかかり、前述をしたように皮膚の変色につながったりします。傷跡を絶対に残したくない!と考えているのであれば、手術から半月は、おとなしく生活を送るようにしてください。

皮下組織削除法は細心のワキガ治療法

皮下組織削除法は、ワキのニオイの原因となる汗の分泌も同時に減らしてくれる、画期的な治療法ということが分かりましたね。いくら身体に負担がかからない治療法だといっても、やはり痛みが全くないわけではありません。

痛みが伴えば、その分精神的にかかるダメージは大きいので、手術が一度で終了できるのは大きなポイントですよね。各医療機関や担当をしてくれる医師の経験によって、術後の結果が大きく左右される手術ですので、病院を安易な気持ち(価格が安いから…とか)で決めずに、じっくりと下調べをしてから決めるようにしてください。

しっかりとした病院で行えば、身体への負担はさらに軽減されますし、術後の回復度も変化をします。自分のニーズに合った病院を見つけて、一日でも早く悩みから解放されることを祈っています。

ページの先頭へ