スソワキガの手術・治療方法一覧(効果・再発・費用・痛み)

スソワキガという言葉を聞かれたことはありますか?デリケートゾーンの強い臭いが気になって、誰にも相談できずに悩んでいる方もいらっしゃると思います。実はこれはスソワキガといって、ワキガと同じ汗が原因となる匂いなのです。

スソワキガを解消するためにはどうすればよいのでしょうか?手術を受けるとなると、費用や痛みはどの程度なのでしょうか?今回は、気になるスソワキガの解消法を一緒に勉強していきましょう。

スソワキガとは?

スソワキガというのは、デリケートゾーンに発生する、ワキガの一種です。ワキガというのは、皮膚に存在する2つの汗腺のうち、アポクリン腺という汗腺から出る汗が皮膚の雑菌や汗と混じる事によって強い臭いを発する症状のことを言います。

アポクリン腺は性器周辺にも存在している

通常ワキガというとワキの臭いを想像しますが、ワキと同じくアポクリン腺の分布が多いデリケートゾーンにも、ワキガと同じ原理で強い臭いを発する方がいらっしゃいます。

これをワキガと区別して、スソワキガと呼んでいます。スソというのは裾の事で、身体の下部にあたることからこのような呼ばれ方をしています。

蒸れたり恥垢やおりものの臭いと合わさることで、より強い臭いになる

また、ワキと違ってスソワキガの臭いが強烈なのは、アンダーヘアがあることで蒸れやすいことや、男性の場合の恥垢や、女性の場合のおりものなどの分泌物によってより雑菌が繁殖しやすく、臭いにつながりやすいという原因があるためです。

また、身体の下部にあたるため臭いが上昇しやすく、衣服を脱いだ時などにより自覚しやすいといった側面もあります。

ワキガの人は、スソワキガの可能性も高い

スソワキガになるのには原因はあるのでしょうか?通常のワキガの場合、生まれつきの体質や親からの遺伝によってアポクリン腺が多い方はなりやすいと言われています。そのため、元々アポクリン腺が多いワキガの方は、原因が同じであるスソワキガになる可能性も高いのです。

アポクリン腺は思春期と呼ばれる第二次性徴期になると一気に増えるため、中学生から高校生にかけての時期にスソワキガに気づく方が多いようです。

スソワキガの場合、切る手術方法は一般的ではない

そんな私たちを悩ませるスソワキガ、治療法はあるのでしょうか?

ワキガを根本から解消する治療法として、やはり最も有効であるのは手術でアポクリン腺を取り除く事です。さまざまな方法がありますが、どの方法も一般的には皮膚を切開して、皮膚の裏にあるアポクリン腺を器具を使って取り除いたり、破壊する方法がとられます。

これらの治療はワキガでは一般的ですが、スソワキガでは手術は必ずしもオススメであるとは言えません。

ワキガ手術よりもアポクリン汗腺を取り除きにくく、再発する可能性が高い

スソワキガに手術がオススメでない理由のひとつには、ワキに比べてデリケートゾーンのアポクリン腺は取り除きにくいという点があります。皮膚が非常にデリケートであるため切開にも技術が必要ですし、手術後は止血のためにガーゼを当ててきついガードルで圧迫する必要があるため、動いたりトイレに行ったりするのがとても不便です。

また、ふたつめの理由として、再発の怖さがあります。せっかく痛い思いと不便な思いを乗り越えて手術を受けても、アポクリン腺の取り逃がしがあると、スソワキガの臭いが再発することもあるのです。

体質によっては破壊したはずのアポクリン腺が再生したり、新たなアポクリン腺が産み出される可能性もゼロではありません。得られる結果に対してリスクが大きいのが、スソワキガの手術の大きなデメリットなのです。

スソワキガの主な切らない手術(治療)方法について(効果・痛み・費用)

「じゃあ、このスソワキガは一生治せないの…?」と、悲観する必要はありません。最近ではスソワキガの切らない手術(治療)方法がどんどんと広まってきています。どんな方法があるのか見てみましょう。

ビューホット

まずひとつめは、ビューホットと呼ばれる治療法です。専用の器具を肌に当てて細い針を刺し、そこから高周波を出すことによってアポクリン腺を皮膚を切らずに破壊することができます。

針を刺すなんて怖いと思われがちですが、もちろん麻酔もしてくれますし、ビューホットと肌が接している面には冷たい冷却装置がついていますので、常にアイシングされている状態になり肌ダメージを最小限に食い止める作りになっています。

切開する必要がないため施術時間が手術に比べて大幅に短縮されますし、固定の必要もなく当日からシャワーも可能です。また、お肌に跡も残りません。

電気凝固法

続いては、電気凝固法と呼ばれる治療法です。先ほどのビューホットは広範囲を一度に施術できる治療法でしたが、電気凝固法は毛穴のひとつひとつに針を挿入して、毛根のまわりにあるアポクリン腺を破壊する方法です。3ヶ月の間隔を開けて2回程度治療することが多いようです。

ワキガの治療ではこの電気凝固法はあまり用いられませんが、スソワキガの治療には非常に効果が高いと言われています。また、半永久的な効果の持続が期待できます。

デメリットとしては毛穴を処理する為、アンダーヘアが脱毛され薄くなってしまいます。しかし、最近では清潔が保てるからという理由でアンダーヘアの脱毛も人気になっています。そのため、特に女性にはオススメできる治療法であると言えるでしょう。

ボトックス注射

最後にご紹介する治療法は、ボトックスの注射です。ボトックスというのは、ボツリヌス菌から生成した天然のたんぱく質を用いた注射の事です。ボツリヌス菌というと、乳児がハチミツや黒糖を食べた時にボツリヌス菌がもつ毒素に感染すると言われる話が有名ですが、生成したあとのたんぱく質には感染力は一切ありませんのでご安心ください。

ボトックスには、過剰な筋肉の働きを抑制する効果があります。そのため、美容外科ではシワ取りに用いられたり、整形外科では脳梗塞の後遺症のリハビリにも用いられています。スソワキガの場合は、交感神経に働きかけて過剰に汗が出るのを抑える働きが得られるため、結果的にアポクリン腺から出る汗と臭いを抑制することが出来るのです。

効果は永久ではありませんが、1回の注射で6ヶ月ほど効果の持続を期待できます。効果が薄れてきたと感じたらまた治療を受けましょう。女性の場合は治療後しばらくは妊娠を避ける必要があるためご注意ください。多少赤みが出ることもありますが、数分の治療で後にも残らないため、手術に比べて手軽に受けることのできる治療法です。

手術以外のスソワキガ対策

また、手術以外にも自宅でできるスソワキガ対策もあります。手術が効果的だと知ってはいても、まだ未成年であったり時間がとれなかったりと、病院に通えない方も沢山いらっしゃるでしょう。

そんな場合にも、自宅でできる対策を知っていれば、気になる匂いを大幅に抑えることが可能です。

石鹸

まずひとつめの対策方法は、石鹸を変えることです。 実はスソワキガを緩和する為には、洗いすぎもよくありません。臭いが気になる為ついつい石鹸でゴシゴシと洗ってしまいがちですが、洗浄力の強いボディーソープで強く洗いすぎると、雑菌だけでなくお肌を守ってくれている良い菌まで殺菌してしまい、結果お肌の抵抗力が弱まって雑菌が繁殖しやすい状態を生み出してしまうのです。

入浴直後は臭わないのに、しばらくすると一層臭いが強くなったような気がするのはこのためです。

現在ではデリケートゾーン専用の石鹸というものが販売されています。洗浄力が穏やかであるため、清潔は保てますがお肌にとって必要な良い菌は残してくれるのです。

これからはボディーソープとシャンプーを使い分けるのと同じように、『身体はしっかり洗えるボディーソープ、デリケートゾーンは作用が穏やかな専用石鹸』と、使い分けていくことが大切ですね。

スソワキガ用クリーム

もうひとつの対策方法は、スソワキガ用のデオドラントクリームを使用する事です。デオドラントというとワキ用の制汗スプレーが有名ですが、スソワキガはデリケートな部位に発生する為、刺激の強い制汗スプレーは使えません。

スソワキガ専用のデオドラントクリームなら、肌に優しい処方であるうえに、肌にしっかりと密着して長時間効果の持続が期待できます。臭いを抑えるほか雑菌の繁殖を防いでくれる効果もあるため、1本持っておくと大変便利です。

デリケートゾーンにクリームを塗るなんて難しそう、と思われがちですが、アンダーヘアがあってもトントンと指で叩き込むように抑えると、しっかりとお肌に密着させることが出来ますよ。

穏やかな処方であるため、デリケートゾーンだけでなくワキなど他の部位にも使用可能であるのも嬉しいポイントです。

まとめ

ワキガを持っている方の中には、なかなか人に言えずに悩んでいる方も多いと聞きます。しかし、デリケートな部位であるスソワキガとなればさらに他人には相談しづらく、ひとりで悩みを抱え込んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介した治療法の中には、すぐに実践できる気軽な対策法から完全に臭いを取り除く治療法まで様々な方法があります。クリニックに行けば、あなたの言えない悩みもわかってくれる先生が大勢いらっしゃいますよ。

ぜひご自分に合った方法を見つけていただいて、悩みを少しでも小さくできるよう行動してみてくださいね。あなたの新しい一歩を応援しています。

ページの先頭へ